HeaderOfCommon
LeftOfindex
  ホーム>> 日本ビジネスグループ >>当社の取り組み  
   
  当社の取り組み
品質を最優先に  
当社はソフトウェアの設計、製造、テスト、品質保証そして保守に至るまでソフトウェア開発のすべてのライフサイクルをカバーしています。開発にあたっては、品質を最優先に考え、品質管理に関する業界標準や最新テクノロジー、また、認証取得にも積極的に取り組んでいます。
サービス・プロバイダーを選択する際に、成功したプロジェクトの経験を利用することは有効だ。回答者10名のうち6名が、品質へのこだわりを持っているかどうかを最重要視すると答えている。
ダイアン・シャフォーサー(Dian Schaffhauser)、エンタープライズシステムズ社「Outsourcing Survey 2006」(国外外注調査2006)より
 
現地にフロントエンド、中国にバックエンドのビジネスモデル
当社は顧客対応の窓口は現地に置いて(フロントエンド)、開発は中国で(バックエンド)というようにローカル・フロントエンド/チャイナ・バックエンドのビジネスモデルを考えました。これは、お客様へはきめ細かい対応ができる現地スタッフが、また開発についてはコストメリットのある中国の開発センタで、というアウトソーシングモデルです。ローカル・フロントエンド/チャイナ・バックエンドのビジネスモデルは、他のアウトソーシングベンダと大きく差別化できるところだと考えています。
「オフショア・アウトソーシングサービスについて企業は、文化の違いがビジネス上の関係に多大な影響を及ぼすことを認めている。文化的適応はしかし、言葉というしばしば最も乗り越えやすい障壁よりも、はるかに困難なテーマである。CIOの現在の発注元企業は、言葉の違いだけでなく企業の文化、専門領域、業務の進めかた、品質の評価基準、管理ツール、法的問題、コミュニケーションについても配慮を迫られている」
ケイト・エバンス=コレイア(Kate Evans-Correia)、 SearchCIO.comの記事「 Outsourcing On Verge Of Cultural Evolution」(文化的変化の瀬戸際におけるアウトソーシング)より
   
産学一体での人材確保
膨大なITリソースと近代的インフラを有することで、中国は近年、オフショア・アウトソーシングの委託先としては、第一の選択肢と見なされるようになりました。 中国には、ソフトウェア開発や品質保証および検証を行えるだけの技術を持つ、熟練したソフトウェアのプロフェッショナルが大勢います(毎年35万1千人に及ぶ工学系の学生が卒業(*1))。当社は大学とも協調し、早い段階から企業研修に学生を受け入れるなど優秀人材の発掘、採用、雇用にも力を入れています。
 
IDCは中国のソフトウェア・アウトソーシング輸出額は2004年で6億ドルにのぼると概算、また2009年には47億ドル、複合年間成長率は51%になると予測している。
   
「専門家は中国、ロシア、ブラジルの各国がインドの業績に匹敵するだけの大いなる可能性を秘めているという点で一致している。これら3か国は人口が多く、優れた教育システムがあり、目下IT市場に特に注力しているからだ」
リンダ・トゥッチ(Linda Tucci)、 SearchCIO.comの2005年12月21日付記事「 Offshoring 2006: Beyond Bangalore」(国外外注2006: バンガロールを超えて)より
(*1)デューク大学による2006年3月の調査レポートより
   
知的財産保護と情報セキュリティへの取り組み

当社では知的財産・お客様情報を尊重するとともに、合わせて情報保護にも取り組んでいます。ネットワークの隔離、USBポート、CD/DVDドライバ、フロッピーディスクドライバ、その他ポータブルデバイスの無効化、許可のない持ち出しの禁止など、特定の者のみソフトウェアとデータにアクセスできるようしています。また、機密保持を図るために物理的にも防御壁を随所に設置し、24時間の安全対策を講じています。セキュリティ対策は随時見直し改善してゆきます。

 

footer
© 2013 Beyondsoft Corporation All rights reserved         プライバシーポリシー     |     情報セキュリティ方針     |     お問い合わせ
京ICP備11040720号/京公海网安備110108001174号